無料セフレサイト

セフレ関係になりやすい5つのパターンとは?

 

「セフレってどういう流れでなるものなの?」と疑問に思われる方も多いでしょう。

 

この記事では、実際どんな流れで男女がセフレ関係へと発展するのか?よくある5つのパターンをご紹介します。

 

 

友達以上恋人未満の関係

 

付き合っているのかいないのかがはっきりせず、友達よりは深いものの、恋人ではないという微妙な関係を指します。

 

つまり、『友達・恋人』などのように、明確な線引きがされていない状態のことです。

 

そもそも「付き合っている状態」とは、告白をしてお互いの想いを確認し、納得した上で寄り添っていくということです。

 

「友達以上恋人未満」の関係は、どちらか一方が「曖昧な関係でいたい」と考えることで発生します。

 

いわいる「キープ」という状態とも言えるかもしれません。

 

もちろん、そのような関係はそれほど長続きはしません。

 

2人の感情のバランスが大きく違いますし、お互いに「こんな関係じゃない」と否定しあっていることでしょう。

 

もしセックスをする関係であれば、女性の心の中では「コレってセフレってやつだよね・・・?」と気づいているかもしれません。

 

ですが、「関係を崩したくない」という想いから打ち明けることができずに、時間だけが過ぎ去ってしまうのです。

 

このような女性を量産するためには、セフレ出会い系サイトや出会い系サイトなどで「女性のいる環境」を作り出すことが重要です。

 

 

女友達からのセフレ

 

このような状態からの関係は稀ではありますが、実例は多くあります。

 

男と女ですから、何が起きたとしても不思議ではありません。

 

「恋愛対象には見れない」と言っていた女性の友人が、いきなり2人きりの部屋であなたを誘ってきたらどうしますか?

 

頭ではダメだとわかっていながら、性欲のままに体を求めることでしょう。

 

AVのようなシチュエーションですが、実際に友達という関係からセフレになることはあります。

 

友達から恋人になることよりもハードルは高いですが、ある日突然セフレという関係になっても不思議なことではありません。

 

 

一夜限りの関係が続く

 

寂しさや酔った勢いからセックスをしてしまい、その後も継続的に会うことになる関係を指します。

 

相手が好みのタイプであったり、「相性が良かった」「いつもよりセックスが気持ちよかった」などの理由で会う回数が増えることが多いのです。

 

特に女性の場合は、体を重ねるうちに寂しさと欲望が抑えられなくなってくるのでしょう。

 

また、一度関係を持った相手ということもあり、安心感や親近感が生まれてきます。

 

そのため、2度目以降のセックスにもそれほど抵抗はありません。

 

ただし、このような関係は数回程度で終わることがほとんどです。

 

女性は一番最初にセックスをした時が最も印象深く脳裏に刻まれます。

 

その興奮を求めて2度、3度と会ってしまっているので、回数を重ねるごとに新鮮さを失い、最初に得た興奮はどんどん薄れていくのです。

 

そのため、「アブノーマルプレイをする」「常に刺激のあるセックスをする」など、セックスに変化を持たせることが求められてきます。

 

常にセックスで女性を悦ばせることができれば、一度きりの関係は毎晩続いていきます。

 

 

元カノがセフレになる

 

これはかなり多いパターンと言えます。

 

「恋人と別れた後も体の関係が続いている」のような状態を指します。

 

この場合は片方がまだ未練がある状態で、特に女性のほうが未練が残っていることが多いのです。

 

「体が目的だとわかっていても好きな人に会える」

 

男性に依存している女性は、このような想いで体を許すことが非常に多いのです。

 

お互いにこのままではいけないと感じているはずですが、快楽からズルズルと関係が続いていきます。

 

「まだ付き合っている」と勘違いした状態で、実は体だけが目的であるということもあります。

 

相手の感情を利用して、セックスをする相手をキープしているということです。

 

いずれにせよ、このような状態での関係は長続きはしないでしょう。

 

セックスが目的なのはいずれか一方で、そのバランスはすでに初めから崩れており、周りからみればセフレという関係になっているだけです。

 

おそらく女性はセフレという関係を否定するでしょうが、男性からすればセックスができるのですから言うことはありません。

 

 

セフレ出会い系サイトからの関係

 

最近非常に多いのが「ネットを通じてセフレを作る」という、とてもわかりやくシンプルなものです。

 

普段の生活の中では、「セフレを目的とした出会い」というのは滅多にありません。

 

学生時代ならまだしも、社会人になると女性との出会いにすら恵まれません。

 

ネット上であれば匿名性もありますし、非常に多くの女性が利用しています。

 

「セフレ」という共通目的を持って出会いを探しているため、セフレを作れる確率はグーンと上がります。

 

目的がはっきりした出会い方であれば、会話もスムーズに進みますし、面倒な詮索や駆け引きなどもしなくて済みます。

 

このような関係であれば、お互いがはっきりとセフレという関係を認識しており、トラブルにもなりにくいでしょう。

 

セフレ出会い系サイトを利用することは、私は「ベストなセフレの作り方」だと考えています。

 

実際に、私がセフレを作れたのも無料セフレ出会い系サイトのおかげです。

 

世知辛い世の中、あらゆる機能やサービスが完全無料で利用できることは素晴らしいことです。

 

この素晴らしさを一人でも多くの男性に伝えるために、当サイトが存在しています。

 

記事を隅々まで呼んでノウハウを習得し、あなたも素敵なセフレライフを送ってください。

無料セフレサイト